コラム

C# SQLiteでデータベース実装~その1~

コラム

C#でSQLite3を使ってみたのでまとめてみました。

SQLiteをインストール

SQLiteをコマンドから使用するためのコマンドラインツールのダウンロードとインストールを行います。

コマンドラインツールはプログラムの開発時には必要ありません。
先にデータベースやテーブルを作成しておく場合はインストールしてください。

以下公式ページへアクセスしてください。
https://www.sqlite.org/

ページが表示されたら、画面上部の「Download」をクリックし、ダウンロードページに移動します。

今回はWindows10(64bit)の環境で利用しますので、ダウンロードページが表示されたら「Precompiled Binaries for Windows」まで移動し、「sqlite-tools」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍すればインストールは完了です。
※コマンドラインツールなので、必要であればパスを通してください。

コマンドラインツールでデータベース作成

コマンドプロンプトを起動し、先ほどインストールしたコマンドラインツールを使用してデータベースを作成します。
※「データベース名=ファイル名」となります。どのような拡張子でもよさそうですが、.dbや.sqlite3などをつけておくとわかりやすいと思います。

> sqlite3 データベース名

データベース名を指定してコマンドラインツールを実行すると、データベースが存在する場合は指定した名前のデータベースに接続し、指定した名前のデータベースが存在しない場合には新規にデータベースを作成した上で接続します。

新規作成の場合、この時点では実態(ファイル)は作成されず、初めてテーブルを作成した際に作成されます。

コマンドラインツールでテーブル作成

次にテーブルを作成してみます。(データベースに接続されている場合は、プロンプトに「sqlite>」という表示となっています。)
CREATE TABLEでテーブルが作成されますので、次のように実行してください。

sqlite> CREATE TABLE テーブル名(カラム1, カラム2, ...);

最後に「;(セミコロン)」が無いとSQL文が発行されないようです。
入力忘れた場合は次の行で(セミコロン)とEnterを入力してください。

以上でテーブルまで作成されました。
終了する場合は、「.exit」コマンドを入力してください。

sqlite> .exit

テーブルまで作成すると、データベース名のファイルが作成されていると思います。

システム開発では作成されたファイルへ接続して処理を行いますので、データベースファイルはシステムでアクセスしやすいフォルダへ保管してください。
タイトルとURLをコピーしました